大きく振りかぶってが大好き。サイトマップ


 

sponsored link

おおきく振りかぶって,仲沢利央番外編

古今東西で野球漫画と呼ばれるものは数多く輩出されています。 特に有名なものは、「巨人の星」「タッチ」でしょうが、これらは余りにも有名ですので別格扱いとして考えてもいいでしょう。 最近の数ある野球漫画で秀逸なのが仲沢利央原作の「おおきく振りかぶって」でしょう。 この「おおきく振りかぶって」はアニメにもなりましたので、ご存知の方も多いでしょう。 あらすじはここでは書きませんが、主人公のヘタレっぷりとピッチャーにこだわる過剰とも言える執着心は人によっては引くところは あるかもしれませんが、それを仲間が受け入れてチーム全員で勝利に向かって頑張る姿は非常に微笑ましいものがあります。 かつての仲間と進学してからの仲間との交流もストーリーに重要なエッセンスとなっているので、読者を全く飽きさせません。 この「おおきく振りかぶって」は原作も勿論良いのですが、もしご覧になった事がない方はアニメを1話でも見られてからの方が良いかもしれません。