おおきく振りかぶっての桐青高校の高瀬準太

"おおきく振りかぶっては、月刊アフタヌーンで連載されている漫画で、TVアニメやゲームにもなるほど人気があります。

おおきく振りかぶっては、手塚治虫文化賞の新生賞を受賞した野球漫画です。

おおきく振りかぶっての主人公は、西浦高校に通う、三橋廉です。 桐青高校は、主人公が高校に入学する前に夏の甲子園に出場した強豪です。

夏の県大会二回戦での西浦高校の対戦校です。 2人以上マネージャーがいて、千羽鶴を折りました。

 

その中のメンバーのひとり、高瀬準太は、桐青の2年生エースです。

打たせて取るタイプのピッチャーで、シンカー、スライダー、フォークボール、シュートの4つを持っています。

最大の決め球は、シンカーです。 スライダーは、基本的にカウントを稼ぐときに投げるといわれています。

直球と変化球とのタイミングが変わらないと感じられるそうです。

過去に西浦戦で、背番号のシワの寄り方で、牽制球の癖を見破らて、走られ放題になった経験があります。

西浦戦では、緊張してエンジンがかかるのが遅かったです。